単に暗算能力が向上するだけでは無いフラッシュ暗算の魅力と子供に覚えさせたい理由

最近話題のフラッシュ暗算!

経理や事務のお仕事に就くのに有利な資格

経理や事務のお仕事に就く際に役立つ資格は代表的なものは日商簿記などの簿記試験ですが、こちらの資格はいわば持っていて当たり前の前提条件であるといえます。
実際の求人でも取得している事が前提でさらに実務経験などが重視されるのが実情です。
現代の経理はコンピューターに会計データを入力するのが主な仕事ですので、一見暗算は必要無いように思われます。しかし暗算が得意という事は各種の公式を覚えたりするのが得意と言えますので、自分にプラスアルファの付加価値を付ける事が出来ます。
簿記は大きく分けて商業簿記と工業簿記に分かれますが、特に工業簿記は公式を覚えないと仕事にならないぐらいに多くの公式があります。いくらコンピューター化されたといってもそうした公式を覚えて、コンピューターの数値が間違っていないかを判断するのは最終的には人間ですのでここで付加価値が活きてきます。

面接で「他とは違う人材」をアピールできる

面接官の本音を転職サイトなどで多く目にする事が出来ますが、業種によっても異なりますが彼らの求める人物像を一言で纏めてしまえば「オンリーワンな才能を持っている人材」が欲しいです。
現代では様々な就職のアドバイスを受けられる機会があり、同じような履歴書・面接の受け答えが非常に多いと面接する側は思っています。極論すればありきたりな「模範解答」に「飽きてしまっている」のです。そのような状況で「自分」をアピールするためには他の人とは一味違ったアピール法が必要です。
そこで資格欄に「フラッシュ暗算検定」の資格を書いておくと多くの面接官は興味を惹かれるでしょう。面接でいくつか数字を挙げてもらって暗算をすれば面接官も「この人は他と違う」と感じて、好印象を与える事が出来るのです。