単に暗算能力が向上するだけでは無いフラッシュ暗算の魅力と子供に覚えさせたい理由

フラッシュ暗算の原理は頭の中でそろばんを弾く事

脳の発達やボケ防止にフラッシュ暗算

6才までに脳の発達が行われる事は先ほどご説明しました。それでは6歳以降にフラッシュ暗算は必要ないのかというと、そんな事はありません。
大人になってから始めても十分役立つのがフラッシュ暗算です。脳は刺激を受ける事で活性化します、逆に言えば脳が刺激を受けないとドンドン機能が低下してしまうのです。
脳に刺激を与える方法は色々ありますが、フラッシュ暗算をしていただくというのも良い方法の一つです。脳の構造を簡単に説明すれば「神経ネットワークの塊」であるといえます。このネットワークに電気信号という刺激を与える事で脳が活性化するのです。電気信号が無い部分のネットワークは徐々に細くなってしまいます。これがボケや物忘れの大きな原因と言われています。
大人でもフラッシュ暗算をしていただく事で脳に適度な刺激を与え、神経ネットワークを維持する事が出来ます。

気軽な娯楽として楽しめるフラッシュ暗算

脳に刺激を与えるには「物を考える」や「運動をする」などを行う事で脳を使用すればする程、神経ネットワークが強化されます。しかし忙しい現代人には中々それだけの時間を取るという事は難しいです。
その点、フラッシュ暗算は自宅やスマホで簡単に出来るので忙しい人にピッタリです。通勤時間の間やちょっとした仕事の息抜きにゲーム感覚でフラッシュ暗算を行えば気分転換にもなって一石二鳥ではないでしょうか。
「うちの子はゲームをしてばかりで勉強しない」というお悩みをお持ちの親御さんは多いと思いますが、フラッシュ暗算は楽しくゲーム感覚で計算などの勉強になるのでそうしたお悩みをお持ちの親御さんにお勧めです。楽しく学べるものなら子供も興味を持ちやすいですし、継続する事も苦痛に感じないので一度お試しになってはいかがでしょうか。