子供に覚えさせたいフラッシュ暗算とは

単に暗算能力が向上するだけでは無いフラッシュ暗算の魅力と子供に覚えさせたい理由

暗算といえばそろばん

フラッシュ暗算とは例えば「206」や「537」などのようにモニター上に次々と数字が表れ、それを頭の中で四則演算していくものです。普通の人ですと206と537を足し算する時は一の位から計算を始めて十の位に1が繰り上がってと計算して「743」という答えを導きます。
しかしフラッシュ暗算では数字が次々と現れるのでこの計算方法ではとても間に合いません。そこで古くから行われてきたそろばんを頭に思い浮かべて暗算するという方法を使って計算します。
そろばん検定の試験をご覧になった方はイメージしやすいと思いますが、そろばん検定も次々と試験官が数字を言っていくのを計算する試験です。これをご家庭でも行いやすくしたのがフラッシュ暗算だと考えていただくと理解しやすいと思います。
ではこれを行うとどんなメリットがあるのでしょうか。まずは当然ですが暗算能力が身につきます、コンピューターや計算機が発達した現代でも暗算能力があると仕事や日常生活でも便利です。次に集中力や記憶力が向上します、次々に数字が表れるので一瞬で数字を記憶して計算しなければならないのでこれも当然の事でしょう。最後にそろばん方式の暗算は右脳を活性化させるという研究結果が発表されました。
通常人間は左脳を使って計算などの論理的な処理を行っており、右脳は空間認識やインスピレーションといった感覚的な分野を司っています。ちなみに人間の利き手は主に使用している脳と反対の方の手が利き手になるので、「左利きは天才が多い」という説は感覚的に優れている右脳を頻繁に使用している左利きが発想力などに優れている事から生まれたとも言われています。
つまりフラッシュ暗算を行うとほとんどの人があまり使用していない右脳を活性化させる事で豊かな発想力を手に入れる事が出来るのです。

フラッシュ暗算の原理は頭の中でそろばんを弾く事

暗算が得意な人はそろばんを習っている方が多いようです。実際にそろばん塾などでお子様にそろばんを習わせているご家庭も多いのではないでしょうか。 そろばんで暗算が出来るようになると頭の中でそろばんをイメージして、それを使って計算するそうです。素早く正確な暗算にはピッタリの計算方法といえるでしょう。

最近話題のフラッシュ暗算!

最近はテレビなどでも新しい暗算方法として取り上げられることもあるフラッシュ暗算ですが、暗算の仕組み自体は昔ながらのそろばんを使った暗算方法と同じです。 何が違うのかといえばご家庭のテレビやパソコンで簡単に練習が出来るという点が昔と違うのではないでしょうか。

是非お子様にフラッシュ暗算を教えて欲しい理由とは

前にも書きましたようにフラッシュ暗算が出来るようになると右脳が活性化します。特に脳の発達は6才までの教育などが非常に重要であるとの研究もされております。 昔の退屈なそろばんの授業と違ってお子様が楽しみながら覚える事が出来るのがフラッシュ暗算のメリットです。